2015年3月24日火曜日

今更netwalker ubuntu9.04 でflash player 10.1を使おう!

netwalkerでflashを使おうと思ったのですが、いろんなところがリンク切れ。
なので、どうしようかと思ったのですが、あっさり見つかりました。

http://www.mediafire.com/download/g7xvn71c9jistz0/libflashplayer.so

ググったら見つかりました。

 sudo cp libflashplayer.so /usr/lib/mozilla/plugins
 sudo chmod 777 /usr/lib/mozilla/plugins/libflashplayer.so

これで完璧。
やはり、だいぶ重いです。
軽いサイトでないと落ちます。
セルフコンパイルでも勉強しようかなあ

参考url http://plaza.rakuten.co.jp/kapper1224/diary/201106080000/

2015年3月22日日曜日

今更netwalker どんなosがnetwalkerに移植可能か考える

netwalker...デフォルトのubuntu9.04はとっくにサポートが終了しています。
ubuntu10.04もそうです。

そこで、移植可能なosを検討していきます。

Debian…armel対応(問題なし、少なくともdebian9でもサポート)

Gentoo linux…armel対応  (sdブート)(問題なし)

Ubuntu 12.04.3 まで…armel対応(ubuntu core 、netboot ),それ以降打ち切り、linux kernel 2.6.31以上?libc6による問題で。

NetBSD...armel対応(すごく、活発です)

Android...armel対応(不安定)

Cent OS...armhfのみ

Archlinux...armhfのみ

Chromium OS...?たぶんだめ。

時代遅れのarmelは対応しているosが少ないですねww

今更netwalker nandへのubuntuの書き込みを手動でやってみる

netwalkerのnandにほかのosを入れたいと思ってるので、手始めに、手動でubi.imgをnandに書き込みたいと思います。

そもそも、netwalkerはnandというところにosを書き込んでいます。
しかし、nandというのは書き込み回数に制限があり、普通のファイルシステムではすぐに壊れます。
そこで、ubifsというファイルシステムを使って、書き込む場所を片寄らせないようにして、長持ちさせています。netwalkerでは、そこに、ubi.imgというファイルを書き込んでリカバリーしています。この動作を手動でやるということです。

万が一操作を間違えたりすると、修理に出さなければならなくなるかもしれません。
決して私は責任を負いません。

//SDブート//

まず、sdカードからブートしなければなりません。
まず、netwalkerのリカバリーsdカードを作ります。
そして、netwalker上で
sudo mount /dev/mmcblk0p1 /mnt
sudo rm /mnt/etc/rc2.d/S01upfirm
sudo rm /mnt/os.tar.bz2
してください。
sudo umount /dev/mmcblk0p1 /mnt
poweroff

そして、netwalkerに最初で作ったsdカードをさした状態で、マウスの左右のボタンを押しながら、電源ボタンを押し、sdブートに入ってください。sharpのロゴが出たら、電源ボタンのみを離してしばらく待ちます。(この際に、充電アダプターを接続しておかないと、起動しないことがあります。)

Ubuntu Jaunty (development branch) qemu-arm tty1
qemu-arm login:

このように出たらrootでログインします。

//ubi.imgの書き込み//
cd /fimware
ubidetach /dev/ubi_ctrl –m 4
ubiformat /dev/mtd4 –f ubi.img

これだけで、完了です。
reboot

そして、再起動が終わると初期設定画面になります。

つまり、ubi.imgに好きなosさえ、書き込んでおけば、違うosも入れられる、ということがわかりました。



参考url
http://webos-goodies.jp/archives/system_wide_backup_tool_for_netwalker.html
http://www.lpclinux.com/Blogs/Using_UBI__UBIFS_on_LPC_boards
http://mako-limone.blogspot.jp/2011/10/ubifs_20.html

2015年3月20日金曜日

pocketmine-mp隠れたおすすめ プラグイン一覧

日本語の情報が少ないpocketmine-mpのプラグイン。
なので、私が興味をもったプラグインを紹介していきたいと思います。
2015/06/08 追加しました!
2015/06/08 見てる人多い(580回)ので更新
2015/07/16  見てる人多い(1440回)ので更新したいなあw
2015/08/24 プラグインについて話せるLOBIのグループを作成いたしました。https://web.lobi.co/game/minecraftpe/group/e79c098e08543277332fa34c06500e05e15fb5ff/
随時ここの内容も増やしていきます。
2015/09/14 追加しました!(閲覧数3500回ほど)
2015/11/11 ポッキーの日。追加。
2016/03/16  音楽関連の追加してほしいという要望で
2016/07/21 ちょっと追加してみた。 07/21
2016/10/23 少し追加。

http://cafe.naver.com/minecraftpe hmさんとかのプラグインはここから探しました。

☆Pocketmineの0.16対応pharはこちら




CombatPlus

製作者 

一昔前、tl serverで使っていた、武器プラグインです。雪玉の爆弾とかいろいろ。

Farms

製作者 HmHmmHm

畑の植物が育つようになる

SuperUser


製作者 https://github.com/organization

opでない人がopのコマンドを一時的に使えるようにすることができる


NoAdvertisingPE

制作者 Vaivez66
チャットでのほか鯖のurlの宣伝を禁止する

Lightnig Strike
制作者 MichaelM04
死んだときと、鯖に参加した時に雷が落ちる

InventoryExchanger
制作者 Mat
同じワールド、さらにワールドごとに、インベントリの中身を分けられる

GodMode
制作者 
/god <プレイヤー名> されたプレイヤーがダメージを食らわなくなります


LockIt
制作者 jazzwhistle

/lockit <アイテムid>で指定したアイテムを持ちながらでないと鉄のドアが開けられなくできます。

☆音符のプラグイン(音楽が流せます、サバで)

PlayNoteBlockSong
制作者 

ZMusicBox
制作者 

KillBearBoysのSqlite3版
制作者 hmy2001、sqlite3化 haniokasai
誰がいつブロックを操作したかわかります。
従来のkillbearboysに比べて、sqlite3を使っているので軽い。

OverTheServer
制作者 
鯖に接続したまま別のサバに行ける。

Boat
製作者 
ボートが動きます!

ArtificialIntelligent 

製作者 
動物が動きます!

Bloodfx ダウンロード githubなし

製作者 hoyinm14mc

プレイヤーやmobから血が出てる見たくブロックがおける。

- /blood set <entity> <block_id> - 血のブロックのid指定
- /blood entities - 有効なmob一覧
- /blood get <entity> - 血のブロックのid取得
- /blood reload - 設定のリロード
- /blood help - ヘルプ

Volt  ダウンロード github

製作者  

httpサーバー、詳細は割愛。

MultiTP  ダウンロード github


製作者 


プレイヤーがスポンジブロックをタップすると、設定してあった場所にランダムにテレポートするプラグイン。

コマンド
 /mtpinfo ヘルプ
 /mtpset  地点の追加
 /mtpreset 地点のリセット



EnderPearl  ダウンロード githubなし


製作者 Yosshi999


雪球をエンダーパールのように使う

/enderpearl damage  ダメージ値 ------使用時に受けるダメージの設定

CombatLogger  ダウンロード github


製作者 


pvp中に逃げた時、逃げたやつを死んだことにするプラグイン。


SpawnMgr  ダウンロード github


製作者 

スポーン時に爆発されない、攻撃を受けない
死んときにインベントリーを維持する
鎧をつけ、アイテムを持ってスポーンできるプラグイン。


KillRate  ダウンロード github


製作者 

看板にたくさん殺したプレイヤーのランキングを表示できるようにする、プラグイン

使い方
看板に
1行目


[STATS] (現在のプレーヤーの統計情報)
[RANKINGS]  (上位三人のプレイヤーの名前とスコア)
[ONLINE TOPS]  (上位三人のオンラインプレイヤーの名前とスコア)
[RANKNAMES]  (上位三人のプレイヤーの名前)
[RANKPOINTS]   (上位三人のプレイヤーのスコア)
[TOPNAMES]  (上位三人のオンラインプレイヤーの名前)
[TOPPOINTS]  (上位三人のオンラインプレイヤーのスコア)

のうち、どれかを書く
2行目 看板のタイトルを書く (または ^^^ と書くと、4人目も書かれるようになる)

詳細はまだまだあるので、後日。



MagicTelePortal   ダウンロード github


製作者 

ほかのワールドの特定の座標にテレポートできるプラグイン

コマンド
/mtp [ワールド名][x y z]

PocketDockConsole  ダウンロード github


製作者 

http://console.pocketdock.tk/ にアクセスしてサーバを遠隔操作できます。(rconとくらべて無料で)

FurnaceIndicator ダウンロード  github
製作者 

プレイヤーがアイテムをかまどに入れると3分間、そのかまどから他の人がアイテムの回収をできなくするプラグイン。

パーミッション
furnaceindicator.break
furnaceindicator.touch



ItemCloud ダウンロード  github
製作者 
アイテムをアップロードしたりダウンロードしたりできるプラグイン

パーミッション
itemcloud.*
itemcloud.command.*
itemcloud.command.register
itemcloud.command.upload
itemcloud.command.download
itemcloud.command.list
itemcloud.command.count



TimeCommander ダウンロード github

作者 

何分かごとににコマンドを実行してくれるプラグイン。
ただし、コマンドの種類や頻度ではコマンドの実行される時間が変わるようです。

使い方
pluginフォルダにできるTimeCommanderフォルダ内のconfig.ymlに書きます。
- Command: reload
Time: 2
権限
なし



WorldMonitor ダウンロード githubなし


作者 Steven

看板で指定したワールドに何人いるかわかる。
看板の1行目に [WMonitor] 、3行目に知りたいワールドの名前を記入。



SkyGridGenerator ダウンロード github

作者 shoghicp

これが作れる 使い道がわからん




BackToLastPoint ダウンロード github

作者 Evolsoft
最後に死んだ地点に帰れる。
/back または /lastpoint 最後に死んだ地点に帰れる。



CommandSigns  ダウンロード githubなし


作者 Samueljh1

看板に書いたコマンドをタップすると実行できる

op権限を持っている人しか作れない様。

書き方
一行目 [Cmd] だれでも作れる op必須のコマンドを書いてタップしてもエラーとなる
            [Admin] opのみが作れる。opだけがタップして実行される。
            [Console]  opのみが作れる。非opの人が触ってもop必須のコマンドが実行される

二行目 説明書きができる

三行目 コマンド


JoinCommands ダウンロード github


作者 

プレイヤーがサーバーに入った時、死んだ時、リスポーンした時、退出時にコマンドを実行するプラグイン。

使い方

pluginフォルダにできるJoinCommandsフォルダ内のconfig.ymlに書きます。

Config.yml
{player} =その行動をした人

# サーバに入った時;
JoinCommand: tell {player} ようこそ!

# 死んだ時;
DeathCommand: say {player} また死んだの?

# /spawn かリスポーンした時;
RespawnCommand: tell {player} 生き返ったんだね!

# サーバから退出した人;
LeaveCommand: say {player} バイバイ!

CommandRepeater ダウンロード  github

作者 iksaku

最後に書いたコマンドを再実行します。

使い方

/repeat

PeacefulSpawn ダウンロード github

作者 
リスポーン時にダメージを受けなくする
/ps PeacefulSpawnをオンにする
権限
peacefulspawn.toggle

DDNS Updater ダウンロード githubなし

作者 Falk
DDNSをアップデートできる
使い方
config.ymlに記入
api:  urlアドレス user: ユーザー password: パスワード hostname: hostname to use ip: DO NOT SET THIS :) (セットしないでね)
エラー発生時、適切な設定にしてから /purgeip


権限 ddnsupdater.purge


SpawnWithItems ダウンロード github


作者 

スポーン時にconfig.ymlで指定したアイテムが渡される



SimpleMacros ダウンロード github(アカウントの消失)


作者 ?

マクロを記録し、コマンドで打ったことを記録する。


/macro start - マクロの記録を開始する
/macro stop <name|NG> - マクロの記録を終わらせ、nameという名前で保存するかNGでキャンセルする /macro pause - マクロの記録を一時中断する /macro resume - マクロの記録を再開する /macro run <name> - <name>という名前のマクロを実行する /macro sudo <name> <player> [-op] - , マクロをほかの特定のプレイヤーが実行できるようにする。-opをつけるとop権限を持っているプレイヤーがop権限がないプレイヤーにopを必要とするコマンドがふくまれたマクロを実行できるようにする。



AdminJoin ダウンロード github


作者 

op権限を持った人がサーバに入ると Server OP:(ユーザー名) と全員に通知される。



SimpleBroadcast ダウンロード github


作者 
チャットの文字の色やフォントが変えられる

バグで使えない?



XYZ ダウンロード github(旧ver)


作者 

自分・他のプレーヤーのいる座標がわかる

使い方

/xyz 自分のいる座標

/xyz get プレイヤ名 そのプレイヤーの座標 (opのみ)

/xyz save 0~9 座標の保存

/xyz 0~9 座標の

/xyz death 最後に死んだ時の座標

権限 xyz.command


WorldGM ダウンロード github


作者 

ワールドごとにゲームモードが決められる

使い方
/wgm set <0/1/2> -今いるワールドのゲームモードが変えられる
/wgm include <player> -プレイヤーはゲームモードの変更の影響を受ける
/wgm exclude - プレイヤーはゲームモードの変更の影響を受けない


iProtector ダウンロード github 


作者 LDX-MCPE

指定した区域を保護して、第三者が無断でブロックをいじれなくなる。

使い方
/area <pos1/pos2/create/flag/list/delete>

権限

iprotector.access 保護された区域をいじれる権限 デフォルトop

iprotector.command.area /areaを実行する権限

TapToDo ダウンロード githubなし

作者 Falk 指定したブロックを触った際にコマンドが実行されるようになる 使い方 /t <add <command> / del <command> / delall / name / list> /tr <name> <add <command> / del <command> / delall / name / list> たとえば、 /t add kill %p とコマンドを打てば設定したブロックをタップした人が死にます。 %p  タップしたプレイヤー名 %x そのプレイヤーのx座標 %y - そのプレイヤーのy座標 %z - そのプレイヤーのz座標 権限 taptodo.command

automaticDoor ダウンロード github

作者 
近づくと扉が自動で開閉します。 紹介してほしいプラグイン、問題点、不明な点がありましたら、コメしてください! 可能な限り対応します。

2015年3月16日月曜日

pokcketmine-mp プラグイン コマンドを使える権限をわける xPermissions の使い方

追記2015/08/29
purepermsが正常に使えます、なのでpureperms使いましょう。


コマンドを使える権限を分けるにはPermissionPlusやpurepermsなんかが本当はいいのですが
、pocketmine-mp build 936では何故か両方とも使えません。(私の環境だけでしょうか?)
そこで、xPermissionsを使います。
必要なもの

xPermissionsはpharになっていませんので、ダウンロードしたら、中からxpermissions-1.1.1を
取り出してpocketmine-mpのpluginsフォルダーに入れてください。Devtoolsも一緒に入れてくだ
さい。

pocketmine-mpを立ち上げて、
makeplugin xPermissions
と打って、xPermissionsをphar化します。これで、pluginsフォルダー内のdevtoolsにpharが
保存されていますからこれをとりだし、pluginsフォルダー内におけばいいはずです。

☆コマンドの使い方☆

Command意味
/xperms group listグループ名の一覧を表示
/xperms group setperm グループ名 与えたい権限 マップ名グループに使える権限(ブロックの設置、コマンド)を決めます。
/xperms group unsetperm グループ名 権限 マップ名↑を解除します
/xperms helpヘルプ
/xperms info...
/xperms reload再読み込み
/xperms user info ユーザ名 マップ名ユーザーの情報を知る
/xperms user setgroup ユーザ名 グループ名 マップ名ユーザーをグループに入れる
/xperms user setperm ユーザー名 権限 マップ名ユーザーに権限をあたえます。
/xperms user unsetperm ユーザー名 権限 マップ名↑を解除します。
権限の書き方について
別ページでまとめます。

2015年3月14日土曜日

今更netwalker gentoo on netwalker




重すぎるnetwalker、押入れに眠っている方も多いのではないでしょうか。
ちなみに私は2015年の1月頃に買いました。
今回はsdカードからgentoo をブートさせてみましょう。
http://www.lufimia.net/cal/kesobumi/netw00.htmを参考にしたのですが、一部加筆修正しました。

(gentoo一度も使ったことないんだけど)
「sudo su」
「fdisk /dev/mmcblk0」
「t」
「83」
「w」で書き込む。




ファイルシステムの作成、この作業のみはnetwalker上で必ずやってください。



「mkfs.ext3 /dev/mmcblk0p1」
sdカードのmountし直し
「umount /dev/mmcblk0p1 」
「mount /dev/mmcblk0p1 /mnt」




stage3ファイルの展開





ftp://ftp.jaist.ac.jp/../../pub/Linux/Gentoo/releases/arm/autobuilds/current-stage3-armv7a/ からstage3-armv7a〜.tar.bz2をダウンロードしてください
「tar xvlpf stage3-armv7a〜.tar.bz2 -C /mnt/」




/etc/fstabの書き換え





「nano -w /mnt/etc/fstab」
全ての行の最初に#を打ってコメントアウト。
その上で「/dev/mmcblk0p1」の行を書き加えます。
「/dev/mmcblk0p1 / ext3 noatime 0 1」 です。
終わったら「control-o」で保存し「control-x」でnanoを終わらせます。




boot.confの作成





「nano -w /mnt/boot/boot.conf」
中身は
「/boot/vmlinuz-2.6.28-15-araneo noinitrd ubi.mtd=4 root=/dev/mmcblk0p1 rw rootfstype=ext3 rootdelay=3 nosplash」
「control-o」で保存し「control-x」でnanoを終わらせます。




/etc/conf.d/keymapsの書き換え





「nano -w /mnt/etc/conf.d/keymaps」及びrootパスワード入力です。
内容中「KEYMAP」の行を「KEYMAP="jp106"」に書き換えます。
「control-o」で保存し「control-x」でnanoを終わらせます。




Ubuntuのファイルをいくつかコピーする





カーネル
「sudo cp /boot/vmlinuz-2.6.28-15-araneo /mnt/boot/」
resolv.conf
「sudo cp /etc/resolv.conf /mnt/etc/」
モジュール
「sudo cp -a /lib/modules /mnt/lib/」
ファームウェア
「sudo cp -a /lib/firmware /mnt/lib/」(カーネル標準)
「sudo cp -a /etc/sdio /mnt/etc/」(NetWalker無線LAN)




chroot





「chroot /mnt/」




パスワード設定





gentooのrootのパスワードを設定します。
「passwd」




/procのマウント





「mount -t proc proc /proc」




portageツリーの更新





「emerge --sync」
時間がかかります。netwalkerをネットに接続させる必要があります。




glibcのlocaleの指定





「nano -w /etc/locale.gen」
英語関係と日本語関係を活かす場合
en_US ISO-8859-1
en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.EUC-JP/EUC-JP
ja_JP.UTF-8/UTF-8
ja_JP/EUC-JP
について冒頭の#を消します。
編集が終わってファイルを保存したら
「locale-gen」を実行。




TIMEZONEの設定・クロックオプションの設定





「cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime」
とします。




ネットワーク設定





DHCPで自動設定することを前提にします。
「nano -w /etc/conf.d/net」
で,netファイルの中に
「config_eth0=( "dhcp" )」
という記述を加えます。
保存して終了した後,
cd /etc/init.d
ln -s net.lo net.eth0
ln -s net.lo net.eth1
「rc-update add net.eth0 default」
です。

「emerge dhcpcd」
で,dhcpのためのプログラムをインストールしておきます。




/etc/inittabの設定





「nano -w /etc/inittab」
# SERIAL CONSOLE以下の2行のうち,s0ではじまる方の冒頭に#がついていないので,つけておいて,保存です。

netwalkerのブートローダーはudevではなくredbootなので
「rc-update del udev sysinit
rc-update del udev-mount sysinit」
udevを無効にしないと、udev didn't start as udev-mount would not start とか言われますので、しっかりと。





終了





「umount /proc」
「exit」
「umount /mnt」
「sudo poweroff」

んで、netwalkerのマウスボタン同時押しの電源オンで、sdブートをします。

そうすると、ログイン画面に行きますので、rootでログインします。パスワードはさっき決めたはず。

これで一応完了です。

こまめにsdカードをバックアップ。
忘れないようにしましょう。

*systemクロックが得られません。


wifiの使い方わかりません(泣)

とりあえず、放棄します(笑)

俺はdebian/ubuntu が好きだもん。

iso、貼っときます
http://whitecats.dip.jp/up/download/1426340982.img

パスワードはhaniokasaiです。

nandに書き込みたいな...


参考 http://www.lufimia.net/cal/kesobumi/netw00.htm
http://forums.gentoo.org/viewtopic-t-802989-view-previous.html?sid=44c7315a9ba674d53b82c957c58fe660
https://www.gentoo.org/doc/ja/handbook/handbook-x86.xml?part=2&chap=4
https://www.gentoo.org/doc/ja/handbook/handbook-x86.xml?part=4&chap=1

PocketMineの旧プラグインAPI対応方法

pmmp公式のプラグインAPIが変更となりました。 が、多くのプラグインは新APIに対応していません。 あえて新APIにプラグインを書き直す理由もわからないので、スクリプトを組みました。 Error: Declaration of DevTools\DevTools::...