投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

今更netwalker netbsdのカーネル、nandに焼いてみた

いちいち、マウス同時押しするのがめんどくさいし、ubuntu使う予定当分ないので、netbsd焼いてみた。

1.これと ftp://ftp2.jp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi
これftp://ftp2.jp.netbsd.org/pub/NetBSD/NetBSD-7.0/evbarm-earm/binary/kernel/netbsd-NETWALKER.bin.gzをダウンロード、そしてこのバックアップディスクダウンロード)を用意。

2.NETWALKER.bin.gzを解凍しバックアップディスクの/tool/にファイル名をzImageとして保存。

3.バックアップディスクをマウス同時押しで起動させ、rootでログイン。

4
flash_eraseall /dev/mtd3
nandwrite -p /dev/mtd3 /tool/zImage
 sync
 sync
 sync

んでシャットダウン。

5、別のSDカードに、ftp://ftp2.jp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi を焼く。それをnetwalkerのsdカードスロットにセット。

6、普通に電源を押すだけで起動するのである。。。


最終的には、sdカードなしで起動できるようにしたい。

参考http://plaza.rakuten.co.jp/kapper1224/diary/201009260000/
http://blog.haniokasai.com/2016/03/netwalker-netbsd.html

今更netwalker netbsdインストールしてみた

参考 http://ameblo.jp/math-physics/entry-12115914237.html



netwalkerのubuntuは重いし、パッケージが古かったのでnetbsdはじめました。

1.これと ftp://ftp2.jp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi
これftp://ftp2.jp.netbsd.org/pub/NetBSD/NetBSD-7.0/evbarm-earm/binary/kernel/netbsd-NETWALKER.bin.gzをダウンロード、そしてnetwalkerのリカバリディスクを用意。

2.NETWALKER.bin.gzを解凍しリカバリディスクの/boot/にファイル名をzImageとして保存。

3、別のSDカードに、ftp://ftp2.jp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi を焼く。

4、2のリカバリディスクをnetwalkerにセットし、さらに3のsdカードをカードリーダーでnetwalkerに接続し、電源ボタン+マウスの左右ボタン長押しで起動。

5,適切なブートデバイスを選択


これでいけるんはずなんだけど、リードオンリーになっちゃっうんだよなあ。


2 のイメージhttps://drive.google.com/open?id=0B1MeOhQ_5vqRVjYtbnVvc1l4Z1E

今更netwalker 12.04のパッケージのリポジトリを作ってみた。

なんとなく、netwalkerのubuntu 12.04のパッケージのリポジトリを作ってみました。
https://onedrive.live.com/?authkey=%21ABFwO5mV_lRc_6g&id=95A1EA194160A4D3%21107&cid=95A1EA194160A4D3
から拾ってきたものです。
/etc/apt/sources.listに
deb http://repo.haniokasai.com/netwalker/1204/ ./

と書けば使えます。
が、インストールするとリカバリが必要となるケースがあるらしいので注意。

Nukkit プラグインサンプルコード紹介

イメージ
プラグインサンプルコード http://pmmp.ga/d/%a5%d7%a5%e9%a5%b0%a5%a4%a5%f3%a5%b5%a5%f3%a5%d7%a5%eb%a5%b3%a1%bc%a5%c9から引用しました。 もしも正しく動作しない場合はコメント欄でお知らせください。
ご意見・ご要望などがありましたら、コメント枠にてコメントしていただけると幸いです。 プレイヤー関連  以下のimport文が必要です。
import cn.nukkit.Player; Playerオブジェクトの取得 プレイヤー名から取得Player player = this.getServer().getPlayer("プレイヤー名"); Playerイベントから取得(PlayerJoinEventなど)(注) eventにはeventオブジェクトが入っている状態です。
Player player = event.getPlayer(); Entityイベントから取得(EntitySpawnEventなど)(注) eventにはeventオブジェクトが入っている状態です。
Player player = event.getEntity(); Entityオブジェクトから取得して、getNameなどをする場合は必ずPlayerオブジェクトか確認しないとクラッシュします。
if (player instanceof Player){ //プレイヤーだった場合の処理 } コマンド処理から取得 コマンド処理の場合、すでにsenderに送信したプレイヤーのデータが入っています。
ただし、コンソールなどから実行した場合もありますので、必ずプレイヤーオブジェクトか確認してください。 送った人がプレイヤーか確認する
if (sender instanceof Player){ // プレイヤーだった場合 }else{ // プレイヤーオブジェクトではない場合 } 送った人がコンソールか確認する 以下のimport文が必要です
import cn.nukkit.command.ConsoleCommandSender;if (sender instanceof ConsoleCommandSender){ // コンソールだった場合 }else{ // コンソールではな…