2017年1月6日金曜日

MacBook Air Core i7 Early 2015買っちゃいました

こんにちは、高校1年残り数ヶ月のはにおかさいです。ついにmacユーザーになりました。購入についての話と、感想を書きます。

購入動機:
いつしか、https://mitoupgwg.connpass.com/event/45816/に行ってきたのですが(記事にし忘れてた)、その時周りにいたuuumやtwitchのデベロッパーさんがみんなmacbook airやproを使ってました。proのtouchbar付きも見せてもらったなぁ。寿司は流したことないそうですw(誰だったけ。) 流れ的に、スタッフ?席に座ってたのですが、周りを見回すと、結構macなんすよ。特に驚いたのが、小学生?の女の子もmacでした。衝撃を受けました。それで負けじと、、、ということではないです(理由の1つでもありますけど。)
自分はwindows使いなのですが、iosアプリを作りたいと思うことがよくあります。『夢見る』という手もあるのかもしれませんが、デスクトップのメモリが8GBしかなくて、追加するのにも1万。
時は少し流れ、12月31日。appleが初売りすると知りました。この機会に買っちゃえ!と思い、半ば衝動買いで買ってしまいました。後悔はしていません。おかげで色々なものを売りました。大切なものでさえ。。。(嘘です)

購入:
買い方なんて調べればわかることですので書きません。1月2日の初売りの特典はアップルの1万6500円のカードでした。現金値引しろよって思ってしまった()どう使うか。賞味期限あるのかな。モデルは色々悩んだ末、core i7の256GBのairにしました。
オプションの選択理由として
ー容量が128GBでは少なく、512GBじゃ高すぎる。
ーかなりパソコンに無理させるタイプなので、i7じゃなきゃ厳しそう、費用対効果はベンチマーク的に良さそうだった。

ツイッターしてたら、今更macbook airと言われてしまいました。それには理由があります。

私がmacbook air にした5つの理由

1、usb type-cが嫌い
ー通常のusbがさせないのは相当辛そう。結構usbつかう頻度高いので、厳しい。

2、touchbarいらない
ーtouchbarの使い道は、寿司流すかニュース流すかしかしないと思います。

3、core mは俺を満たしてくれない(macbookとの比較)
ーcore mはatomよりいいとは言え、かなり厳しい。core mタブレットでideaでjava書こうとしたら、cpuMAXまでいってしまった。

4、ポートの類い少なすぎ(macbookとの比較)
ーポートが1つは論外。充電しながらマウスもさせないのは辛いです。

5、キーストロークが悪そう、Macbook Pro
ーMacBookPROはキーが押した感じしなさそうなので、敬遠してしまいました。

使用:
まず、薄さと軽さに驚きました。前のノートパソコン(2.4kg)より半分ぐらいの重さじゃないでしょうか。これならば、外で微妙な気持ちで膝に乗せてカタカタすることができます。
バッテリーの持ちも非常に良く、今はバッテリー駆動なのですが、今日の朝1時間使って、夜6時間使ってもバッテリーが持っています。
pycharmとideaで遊んで、裏で常にChrome立ち上げてる程度の使い方では、全くcpuの性能が気になったり、バッテリーが気になったりしませんでした。
ファンレスだと最初は思っていたのですが。画面とキーボードの間に通気口があって、衝撃を受けました。おそらくデザインの問題だと思うのですが。。。キーボードは、今このブログを売っていてとても打ちやすいと思います。ホームポジションはわからないのですが、割と早く打てちゃいます。
osそのものは。起動がとても早いです。おそらく完全に電源が切れていないのだと思いますが、起動は10秒程度です。windows機の時は、biosだけで10秒は使ってました。
コーディングしたり、専用サーバーの管理をすることにおいて、osxであってもソフトが制限されている気分にはなりませんでした。むしろubuntuの方が深刻だと思います。

感想:
買う前は、正直アルミニウムの美術品程度にしか、macbook airのことを思っていませんでしたが、今は違います。非常に素晴らしいです!本当に。隅々まで意図して設計しているように感じます。でも、iPhoneは買いません。なぜなら、ファイル管理がスマホ単体だとかなり厳しいから。Androidは楽勝なのに。。。あと、購入前に色々ググったのですが、明らかにおかしな説明をされているサイトが散見されて、驚いた()



0 件のコメント:

コメントを投稿