2019年11月27日水曜日

前に巻き爪の手術による治療を受けに行ってきました

記事を公開し忘れてた

概要

中学1年生ぐらいのときから巻き爪がひどく、痛くて仕方なかった。
大学生となり、経済・距離・時間的に余裕ができたので、病院で手術をしてもらった。
手術方法は3種類ある。
根治を希望した。

初診

中央線沿線の病院を探した。「あべ整形外科クリニック」という個人クリニック(と思われる)にて手術を受けることにした。
電話で事前に予約の必要性を確認したところ、予約制度がないようだ。
保険証とおかねを持って病院に向かった。
16時ごろに到着して、1時間半ぐらい待ったと思う。
病院内で待たなくても、外に出ててもよい(待ち時間が近くなっても電話連絡などはない。)
待っている間受付に伝えて、外出させてもらった。ツクモでハードディスクの調達。
外出から戻って、戻ってきたことを受付に報告。
ようやく呼ばれて、診察室に入る。
先生は菅義偉官房長官似(?)の見た目で、温厚そうな感じであった。
ていねいに診察をしてもらえるから待ち時間が長いのかもしれない。
単純に切る方法と根元から切る方法がある。私は根元から切るほうを選んだ。
片足ずつしかできないそうだ。
2日後に手術の予約を入れた。

手術当日

体育の授業が終わった後、電車で吉祥寺まで向かった。
19時予約の15分前に到着。
19時から見て15分ちょい待たされて、診察室に連れてかれる。
仰向けに寝かせられる。
親指に局所麻酔を打たれる。痛さと不快感が強い。
麻酔が効くのを待つ。
院長、拡大メガネとライトをつけて手術に取り掛かる。
麻酔が効いているので痛くはない。
爪と爪の根っこ、かさぶたを除去された。
けっこうしっかり?縫合をして終了。20分かかった。
サンダルを履く
「外は雨か」聞かれて、そうだと答えると、足を濡れないように袋に入れられた
麻酔が切れ始めていたい。

ロキソプロフェン(痛み止め)と抗生物質、胃の保護の薬を処方されて、同フロアの薬局でもらう。
全部でだいたい9000円から1万円ぐらい。
電車で帰るときは結構痛かった。


1日後
昨日よりはましだがそれなりに痛い。処方された薬を飲む

2日後
痛くなくなった。

3日後
再診。380円。包帯張替え。

5日後
学校終わりにまた再診。500円ぐらい、夜間診療込で。
包帯の大きさが靴を履けるレベルになりました。

もう2回ほど行っていかなくていい雰囲気で通院終了。

切ったほうの爪は1か月経っても痛みはないです。切ってないほうは痛いままなのですが、できれば切らないほうがいいから様子見だね、と最後に医者に言われて以降放置。多少は痛い。

まとめ

手術は相当痛いですが、巻き爪のようにじわじわむしばむ痛さのほうがつらいので、つらい方は手術するのをおすすめ(?)

0 件のコメント:

コメントを投稿

ごみ記事:libminecraft.soを解析して、パケットとか、いろいろ調べる! パケット読み方を頑張る編#3

こんにちは、皆に愛されるはにおかさいです。 人生に迷いすぎて精神崩壊しそうです。あぁ、もうしてるか。 今回は、パケットの読み方を頑張ります。 こちらも参考にしてください http://blog.haniokasai.com/2017/04/libminecrafts...